ブログ主執筆

現代版すぎるマヨヒガ

2年ほど前から今も未解決?な話です。
オカルトなのかただの勘違いなのかは今もわかりません。

サブカルで有名な山手線の某駅徒歩15分くらいのとこに住んでいます。
ある日妻と一緒に昼ごはんを駅付近に適当に食べに行き、家に帰っている途中でした。
駅から家までは大通りを歩けば1回曲がるだけのシンプルな道ですがなんとなくフラフラと脇道を無作為に右折したり左折したりしながら家の方に向かって歩いておりました。
すると右手にゲームカフェみたいなお店があることに気付きました。2年以上住んでいた土地ですが私も妻もこの店の存在は知りませんでした。
4階立てくらいの少し古びた印象の雑居ビルの1階部分。壁1面ガラス張りで、広さはコンビニ程度。看板などはなかったような気がします。
道側から展示物が見えるようにラックを組んでおり、スーファミとおぼしきソフトが並んでいました。
店の奥の方には液晶モニターらしきものが何枚も並んでいていかにも大勢でゲームをプレイさせるようなお店って感じでした。
ただ何本か見えているゲームソフトのタイトルは見覚えのないものばかりでした。スーファミは小学生の頃にかなり遊んだのでそこそこ詳しいつもりでしたが・・・。

普通ならマリオカートとかぷよぷよみたいな定番の対戦ソフトとかを並べるんじゃない?と思いましたが、場所柄もあり通なゲーマー御用達の敷居の高い店なのかなと納得しました。
また店内は明るいのですが外から見る限り客もスタッフ的な人も見える範囲にはおりませんでした。
家からも近いので気が向いたら来てみようかなーなどと妻と話しながらその日は帰宅しました。

不思議なのはここからなのですが、その後その店にたどり着けないのです。
店が閉店してしまったとかではなく、店のあった建物すら見つからないのです。
前述したようにガラス張りの路面店なので、テナントが変わったとしてもその店構えは変わるはずがないと思うのですが、そんな建物がないのです。あるのは普通のコンクリ的な壁の建物だけです。
家から駅の間なのでそれこそ日々通ります。しばしば今日は見つけるぞと意気込んで記憶を頼りに路地を歩くのですが未だに見つかりません。
もちろん建物が取り壊されたような跡もなく、意味がわかりません。
妻に聞いてもあの日以来妻も店を見ていないとのこと。

あれは現代版のマヨヒガだったのでしょうか?もしあの日店に立ち寄っていたらどうなっていたのでしょうか?
神田和泉町付近ですがそういう店知ってるという方いらっしゃいますか?

-ブログ主執筆
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ブログ主執筆

闘蟋

これは中国支社の人間から聞いた話です。 皆さんは闘蟋って知っていますか?「とうしつ」と読むのですが、コオロギを戦わせる競技あるいは賭博のことです。中国では盛んな文化です。 彼が仕事で南東部(福建省とか ...

ブログ主執筆

憧れのオカルト系youtuber

私生まれも育ちも寺なんですけど、こういう家柄には珍しくオカルトとか昔からどハマりしてたんです。 小学校の頃から某匿名掲示板のオカルト版を毎日訪れては洒落怖などの話を漁っていました。 でも最近はもっぱら ...

ブログ主執筆

会いに来た曽祖母

では自分が幼少期に体験した話を一つ。 調べればわかるんですがめんどくさいのでだいたいで恐縮ですが自分が小学校2年か3年くらいのときのことです。 うちの地元では町内会と青年団主催の盆踊り祭が8月にあり、 ...

ブログ主執筆

人間机

これは自分の会社のマレーシア支部の方から聞いた話です。 なぜ同僚から怖い話を聞いたかと言うと、よくグルメと旅行の話は外れないといいますが外国の方と雑談をするときはあまりこれは当てはまりません。これは文 ...

ブログ主執筆

トンネルと記憶

「痛たたたた・・・」 俺は朝・・・といってもすでに昼近かったが、大学の友人Aの空き缶などのゴミで散らかったアパートの部屋で二日酔い混じりの最悪な寝起きを迎えていた。 昨日はAの家で飲んでたはずだがこん ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER