ほっこりオカルト

真夜中の面会

439 :351:02/04/28 17:03
これは、私の父親の話です。
私の父親は、十年ほど前に大腸がんを患いました。
幸い、発見が早かったのと、場所が良かったらしく人口肛門
を付けたりすることなく、少し大腸を切り取るだけで
いいことになりましたが、大きい手術であることに変わりなく、
本人は死ぬかもしれない・・・。と思ったそうです。

手術も無事終わり、病室に入って何日か過ぎた頃
寝ていた父は、誰かの気配を感じたそうです。
その、誰かの気配は心配そうに、しばらく自分を見下ろして、
もう一人いた看護婦さんらしき人と、枕元の方向に
行ってしまったそうです。
「ああ、母ちゃんかな~(私も母親の事)」
と思っただけで、怖くなかったそうです。

何気に時間が気になった父が、時計を見たら
2時。
お昼かと思いきや、まだ部屋は暗く
「こんな夜中に何しにきたんや?」
と思いつつ寝てしまったそうです。

440 :351:02/04/28 17:05
翌日、母に聞いたところ、勿論そんな時間に面会に
行くわけがなく、不思議に思っていたのですが
よくよく思い出すと、看護婦さんの服装が変だったらしいです。

服装というか、帽子が今のナースキャップではなく
大きなぶかぶかの、昔の看護婦さんがかぶっていたような
ものだったらしいです。
そして、病床の枕側は壁でそっち方面には人間が
行けるわけがないと気付いたとき、父はある人物に思い当たりました。

父の母親・・・つまり、私の祖母は父が中学生の時に
まさに、今父が入院していたこの病院で亡くなったそうです。
父の記憶では、亡くなったときの病棟も同じ場所だったそうです。

「母さんが心配して、見に来てくれたのかなー・・・。」
そう呟いた父は、少し嬉しそうな顔してました。

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1016111756/

-ほっこりオカルト
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ほっこりオカルト

連れて来やすい女性の体験談

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/08/30 23:52 ID:1Jlul62Y 夜、道に迷ってしまい、三時間ぐらい闇雲にうろうろ歩き回った。 住宅街で、タクシーを拾おうにもタクシー ...

ほっこりオカルト

仏間の小人

194 :無断転載:02/03/29 01:19 私の4歳のときの体験を書きます。その頃、青森の津軽に住んでいました。 2階で一人で寝ていた私は、夜中トイレに行きたくなって、目を覚ましました。 トイレ ...

ほっこりオカルト

迷惑な客人

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/22 17:15 子供の頃のエピソード。 母親の友達が夜、家に来るというんで待ってたんですよ。 で、やってきた彼女をみると何でか真っ白な着物姿 ...

ほっこりオカルト

息もできないくらい

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2000/12/02(土) 01:09 これは大学に入って独り暮らしを始めた頃の話なんですが・・・ いつもと変らず金縛りに遭っている時にその事件は突然起き ...

ほっこりオカルト

ぽたぽた焼のおばあちゃん

465 :ムササビりべんじ74 ◆TC5.ZMGs :02/04/12 01:31 ある朝、寒さでいつもより早く目が覚めました。夜が白々と明けてきた頃です。 ん?・・・この寒さは雪でも降り始めたかな~ ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER