洒落怖

死体置き部屋での夜

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/06/16(土) 21:40
ある旅行会社の添乗員が、ツアー客と共に沖縄のリゾートホテルへ行った。
そのリゾートホテルではプライベートビーチを持っているのだが、そのビーチ
には潮の関係でよく死体が打ち揚げられるという。
そのうちあげられた死体は一時ホテルの部屋で保存される事もある。
その部屋は普段はもちろん使われていない、ホテルの一階にある部屋だったが、
この添乗員はその部屋を使う事になった。時期がお盆でどこの部屋も空いてい
なかったからだ。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/06/16(土) 21:50
添乗員は疲れもあり、寝入りこそ良かったものの、夜中、
壁に向かって横向きに眠っていたその背後の気配に気がつき
目が覚めてしまった。
この部屋の中で何人かが話し合っているような気配だった。
その何人かは時々添乗員に聞こえる声で、「おまえも入らないか」
と誘ってくる。そしてその何人かは添乗員が起きている間にも
増え続け、最終的には15,6人ほどの気配がするまでになった。

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/06/16(土) 21:57
その間にもその何人かは添乗員に「入ってこい」と誘いをかけ、
ついには「こい」という声と共に肩にぽんぽんと叩かれ、つかま
れるような感触までも感じるようになった。
添乗員は冗談ではない、と思ったが、ここは無視するに限る、と
冷や汗と寝返りをうちたくなる衝動をぐっとこらえ、うその寝息
をたてていた。

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/06/16(土) 22:11
彼らは時々添乗員に声をかけるものの、自分達の話が盛り上って
いるようだった。しかしながら添乗員は一時も気を抜けなかった。
気を抜くと振り返らせられそうで恐かったからだ。
それを延々二時間ほど続けていたらしい。
窓から薄明るい光が射し込んできた。すると、それに伴い小さ
い部屋から気配が少しずつ消えていくのが分かる。
そして、日が明るくなるに連れて気配は消えていき、とうとう
彼が薄目を開けると、前の壁に朝日の光が当たっていた。
朝が来た、と添乗員が体の力を抜いた瞬間、
「ほんとはおきてたくせに」
と耳元で声が聞こえ、今度こそ完璧に部屋の気配はなくなった。

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/989409611/

-洒落怖
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

洒落怖

旧日本軍施設跡のマンション

425 :ムササビりべんじ ◆TC5.ZMGs :02/04/12 00:32 家賃は少々高かったが、間取りも良く条件にぴったりだったので その部屋に即決めました。 3日目ぐらいに地震があったので、次 ...

洒落怖

山中でのカー◯ックス 微エロ注意

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/29 16:25 有る晩のこと、とある山の麓のパーキングで、若い男女がカーセックスをしていた。 事が終わり、二人仰向けになってマターリしている ...

洒落怖

私退院できるの

258 :ムササビ73 ◆TC5.ZMGs :02/04/10 07:14 二十数年前の母の体験です。 当時母はN市の総合病院で炊事婦をしていましたが、入院患者で非常に 母を慕っていたA子さんという若 ...

洒落怖

こいつ起きてるぞ

154 :ムササビ的34話目 ◆TC5.ZMGs :02/04/10 05:27 これは私が怪我で入院していた時に、同じ部屋で一緒だった人に聞いた話です。 その人は、結婚間も無い頃に広い借家を捜してい ...

洒落怖

監視小屋

547 :監視小屋1:02/04/05 18:02 私の通っていた高校は築120年という気合の入りようでした。 改築が繰り返された校舎は、素人目に見ても奇妙としか言いようの無い形に湾曲しています。 今 ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER