不可解な話

疲れた顔

101 :ムササビ(19話目) ◆TC5.ZMGs :02/04/10 04:27
高校の生物の先生の体験談です。

当時、彼は独身で一人暮しをしていました。

ある日、彼はとても疲れて帰ってきました。

玄関の鏡を見ると、顔色は青白く生気がありません。

彼はそのまま部屋へと進みました。

そして、ふと思ったのです。

「玄関に鏡なんか置いてない」

戻ってみると、やはり鏡はどこにもありませんでした。

このはなしを聞いた後、
わたしは怖くてしばらく家の玄関の鏡が見られなかったことを覚えています。
なお、この先生は今でも元気で、結婚もしました。

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1018361409/

-不可解な話
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

不可解な話

歯の抜ける夢

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/08/09(木) 22:46 知人に「歯が抜ける夢って見たことない?」と尋ねられたことがあります。 -- 2年前の夏、彼は歯が抜ける夢をよく見た ...

不可解な話

オープンチャットでナンパ

250 :破壊の宴:2001/02/17(土) 04:20 その娘との出会いは。。。。去年の10月の終わりか、11月の始め それぐらいだったと思います、その時はまだ俺は「オープンチャット」 の方でネッ ...

不可解な話

寝たきりのおばあちゃんの予言

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/07/09(月) 14:41 それでは、ここで私の体験談を1つ。 私が小学生の頃の話ですが、よく小さい頃に お世話になった近所のお婆ちゃん(70 ...

不可解な話

ドスの効いた幼女

273 :ムササビ81 ◆TC5.ZMGs :02/04/10 07:29 コレは、家の高校の先生から聞いた話なんですが・・・。 先生が仕事で遅くなって最終の電車で帰ろうとしたそうです。この時、 時計 ...

不可解な話

放送局の怪

684 :トマト:2001/07/26(木) 00:20 こんばんは。 放送局にはこんな話が沢山あると思いますが わたしの体験談を。 これを見た社員はきっとすぐに分かってしまうでしょうが。 ある放送局 ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER