不可解な話

どこに民家があるというのだね?

523 :フェイント:02/03/23 16:29
男が山の中で道に迷ってしまった。
遭難、という程大袈裟ではない。暗くさえなければなんとかなりそうなのだが、
いかんせん暗すぎる。どっちに進めばいいのやらわからない。
当てずっぽうに歩き回ってみると、目の前に明かりが見えた。

近づいてみると、それは民家だった。
男はドアをノックした。
不気味な老婆が顔を出した。

男はかなり不気味なものを感じたのだが、これ以上暗闇をウロウロするのはもっと嫌だった。
だから、老婆に事情を説明し、明るくなるまで居させて欲しいとお願いした。

老婆は快く承諾してくれた。
外見とは裏腹、とても親切な人だった。
あり合わせのものではあるが料理まで作ってくれて、ニコニコしながら会話を求めてきた。

老婆はよくしゃべった。ほとんどが自分の息子のことだった。
そして男に、まるで息子が帰ってきてくれたようだと言った。
老婆は微笑んでいたが、同時に目には涙を溜めていた。

男はずいぶん歩いて眠かったのだが、自分を家に入れてくれた老婆をないがしろにはできず、
それ以上に、なにか彼女に親愛の情を感じてもいたので、夜中会話に付き合っていた。

やがて夜が明けた。男は、そろそろ行かなければと伝えた。
老婆はちょっと寂しそうな顔を見せたが、玄関まで男を案内した。
丁重にお礼を述べ、男は家を後にした。

少し進むと、1人の農夫らしき男とすれ違った。
「あんた、こんなところで何を?」農夫は言った。
男は事情を説明した。道に迷ったこと、あそこの民家でお世話になったこと。
「民家だと?」農夫は驚愕した。「どこに民家があるというのだね?
あんた、今自分が歩いてきた方向を見てみい!」

「は?」
男は愕然とした。瞬時の内に全てを悟った。
きっと自分の背後には、墓場が広がっているのだ.....

「さあ見ろ!」農夫は言う。
おそるおそる男は振り返った......。
しかしそこには、自分がさっきまでいた民家が平然と立っていた。まだ老婆の姿も小さく見える。
「な、なんだ、脅かさないでくださいよ。私はてっきり....」
そう言いながら農夫の方に向き直すと、農夫の姿はなくただ墓場が広がっていた。

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1015937987/

-不可解な話


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

不可解な話

トラック運転手と先輩

127 :1/6(長文失礼):02/02/22 21:18 オレ仕事でトラック乗ってました。4tのルート便ドライバーです。 大体朝4:00頃から自分のトラックにその日に運ぶ荷物を積みこんで 出発時間は ...

不可解な話

散らかる部屋

390 :黒こしょう:02/04/27 04:56 AさんとBさんはアパートで二人暮らしをしていた。両方とも働いていたため 部屋には誰もいないことが多かった。そんなあるひAさんが「なんか変じゃない?」 ...

ブログ主のお気に入り 不可解な話

死体の上がらない磯

647 :ムササビ ◆oHOLJw9E :02/04/21 01:50 地方公務員の鈴木敏夫さんの趣味は磯釣りで、週末はほとんどどこかの磯へ出かけていました。梅雨明けに山陰のほうまで出かけた時のことで ...

不可解な話

キャンプ場付近の廃ホテル

130 :   あなたのうしろに名無しさんが・・・     :2001/08/07(火) 03:45 今から4年前の夏。友人のNと二人で車でY県にキャンプに行った。 男二人だし、どうせやるなら本格的な ...

不可解な話

トイレのおばけさん

288 :ムササビ88 ◆TC5.ZMGs :02/04/10 07:52 たいていの公衆便所は汚く、また照明などの設備も、壊れたら壊れたままで 放っておかれるため昼間でも近寄りがたいものですね。 ( ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER