著名人の体験談

長谷川龍生の丁稚先

*ブログ主注

このお話は長谷川龍生の借りた家の続きです。

761 :中岡先生:2001/02/26(月) 00:58
怖がってくれた人がいたので、調子こいてまた書く。
というか、当時、龍生氏の話は自分がマジ怖かったから。

龍生氏は14,5歳くらいの頃、けっこうな規模の材木商の
家に丁稚奉公として居候していた。
すでに身寄りはなく、ものすごく遠い親戚関係にあった
その家に住み込んで受験勉強をしていた。
ある夜、2階にあてがわれた狭い部屋で、
龍生氏はいつものように受験勉強をしていた。
すると、すーっと部屋の空気が変わったような気がして
「あれ、なんだろう」とあたりを見回した。
見ると、何か目の前がキラキラとしている。
天井から何かが降ってきたような感じだ。
さらによく見ると、何かが降っているのではなく、
老婆が逆さまになって自分の頭の上あたりをぐるぐると
回っていたのだ。見たこともない老婆で、
体は半透明で向こう側が透けて見えたという。
龍生氏は「ああ、どこかのおばあさんだな」
と思ったが、別に恐怖心は覚えなかったという。
(その辺が、龍生氏のなんというかすごいとこだが)

762 :中岡先生:2001/02/26(月) 01:01
翌朝、家のご主人にそのことを言うと、
「そうか、出たか」
と言い、老婆の特徴を根掘り葉掘り聞いたという。
そして「やっぱり・・・」と呟いたらしい。
龍生氏はその時初めてゾッとしたという。
その老婆とご主人か、あるいはこの家との間になにか
因縁があるのだなと思ったが、それ以上ご主人は
なにも言わなかった。
それからご主人は2階の龍生氏の部屋に神棚を作り、
毎日お神酒をあげるようになった。
ある日、龍生氏が部屋をはたきをかけたりして掃除していたところ、
ご主人が上がってきて、雑談をしていた。
するといきなりご主人は、神棚のお神酒をぐいっと飲み干したのだ。
「あ、おじさん、ダメだよ! それは古いよ!」
と龍生氏は叫んだが、ご主人は「大丈夫だ。これは神様のお酒
なんだから」と笑ったという。
ところがそれからご主人は高熱を出し、あっという間に亡くなって
しまった。医者の診断はチフスということだった。
ご主人が亡くなったことで、その家はあれよあれよという間に
傾いていき、奉公人もひとりふたりと去り、一家離散に
なってしまったという。龍生氏もいるところがなくなり、
それからかなり苦労することになった。

763 :中岡先生:2001/02/26(月) 01:02
と、また一家離散系の話。
その老婆が何者かなのか、話だけでは分からない。
こうなったら、龍生氏にもろもろ話を聞いてみようかとも
思ったりしてる。(>751さん。ネット検索したら
たしかにご存命のようでした。ほっ)

なにか、一家離散とか、一家惨殺とかって怖くない?
家制度に潜んでる得体の知れないしがらみというか・・・
背中が寒くなってきたので逝ってくる。

以上、プレステージネタ終わり。

https://piza.5ch.net/test/read.cgi/occult/980780397/

-著名人の体験談
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

著名人の体験談

芥川龍之介の死の謎

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/07/12(木) 18:00 芥川龍之介の死の謎 芥川は、ドッペルゲンガー(もう1人の自分)を見ていたらしい。 雑誌の対談などでも、それについて ...

著名人の体験談

たかじんのファンのセーター

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/02/25(日) 16:23 某サイトより。 昔、たかじんさんに熱狂的なファンがおって、ヤンタンやっていた時に何かの都合でセーター貰ったらしいで ...

著名人の体験談

日比野宏さんの体験談

648 :ムササビ ◆oHOLJw9E :02/04/21 01:58 日比野宏さんが小学生時代のことです。 当時、日比野さんの通う小学校で、恐い噂が広がっていました。それは、 「母親を驚かそうとして ...

著名人の体験談

長谷川龍生の借りた家

747 :中岡先生:2001/02/25(日) 22:35 詩人・長谷川龍生(りゅうせい)は当時静かな仕事場を 探していた。そして世田谷区の某所に破格に安い一軒家があったので、 そこを借りることにした ...

著名人の体験談

森久美子の体験談

718 :チキン:2001/05/02(水) 13:09 森久美子の体験談。 久美子が友人三人と旅行に行った時の事。 とある旅館で一泊する事になっていた。有名な旅館との事。 食事をおおいに楽しむとあと ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER