不可解な話

地蔵の頭巾

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 23:28
Aさんは友人数人とともに夏の夜、危険を承知でそこへ行った。”危険”というのは辿り着くまでに急斜面を下りなければならないから。
そして、大昔、橋から落ち何人もの人間が命を落としているという事実があったからである。
「あ、コレだ、コレだ。」そこには死者の霊を弔う地蔵が、崖にうがたれた大きな穴の中に安置されていた。
Aさんはカメラを片手に梯子を上った。写真を撮ろうとしていたのだ。
「でも、顔がわからないよな」
地蔵には頭巾が被せられていた。だが、それは顔にかかり表情を覆い隠していた。
そこで、彼は頭巾をずらし、暗闇の中でシャッターを切った。
「うわぁ」
「どうした?」
「眼が、眼が開いてた」
「──嘘──」
だが、河合さんの顔は真っ青。その言葉を疑う者は誰もいなかった。
「行こう」
中の一人がそう言い全員がその場を後にしたという。
だが、車まで戻る最中、河合さんが奇妙なことを口走り始めた。
「まぶしい、まぶしい……」
「どうしたんだ」
「まぶしいんだ。まぶしくて眼が良く見えない」

夜である。辺りは暗い。まぶしいと感じるようなものはない。
「ちょっとその帽子貸してくれないか」
河合さんは友人の一人が被っていた帽子をひったくると、それを目深に被ったという。
「これでいい。やっと落ち着いた」
その姿は当に地蔵そのもの。皆が言葉を失った。

その後河合さんは眼鏡をかけるようになった。
急激に視力が低下したからだが、そこに行ったメンバーは皆、それが”地蔵”と関係していると思ったという。

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1021887980/

-不可解な話
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

不可解な話

美唄市の我路の廃墟

407 :我路話:02/06/17 18:25 友人の姉の話。 数年前の夏。 お姉さん、彼氏と友人何人かと一緒に、美唄市の我路に行った。 さすがに我路は怖いので、昼間行く事にしたそうだ。 昼過ぎ。 我 ...

不可解な話

青森のドライブイン

571 :謎の事件:2001/08/14(火) 00:47 ある探偵事務所の行方不明者の未解決事件の話です。 Yさんの話しによると。 その行方不明な男性は長距離トラックの運転手でした。 その日もその男 ...

不可解な話

私の家に来なかった?

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/29 20:17 私が小学校6年生の時に、大好きな大好きな親友が居て 土曜日に学校が終わってからその子と遊ぶ約束をしていたんですよ。 で、土曜 ...

不可解な話

白○トンネル

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/04 23:41 今から20年近くも前の話。 免許とりたての厨房の自分と、友人数人で夜のツーリングへ出かけたはなしです。 長崎の某トンネルを抜 ...

不可解な話

会いに来る人たち

630 :Λ:02/04/21 00:13 高校時代から大学卒業して2~3年くらいの間、 霊感というのかわかりませんが、不思議な経験をたくさんしました。 見ず知らずの人が自分に会いにくるのですが、 そ ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER