ブログ主のお気に入り 不可解な話

死体の上がらない磯

647 :ムササビ ◆oHOLJw9E :02/04/21 01:50
地方公務員の鈴木敏夫さんの趣味は磯釣りで、週末はほとんどどこかの磯へ出かけていました。梅雨明けに山陰のほうまで出かけた時のことです。

明け方から釣り始めてある程度の釣果があり、そろそろ竿をたたもうかと思っていた鈴木さんは、いきなり「ガツン」と竿がしなったので少々慌てました。
「これは魚の引きじゃない、ゴミでも引っ掛けたか?」
そう思った鈴木さんは糸を切らないようにゆっくりとリールを巻いていきました。濃い青色の水の中からやがてゆらゆら揺れる赤と白の大きなものが姿を現しました。そしてそれは次第に形がはっきりしてきました。

「ひ、人だあ!」
驚いた鈴木さんは足を磯に取られそうになり、バランスを崩して糸を切ってしまいました。
赤い着物に身を包んだ真っ白な体は恨めしそうな顔を鈴木さんに向けて、ゆっくりとまた沈んで行きました。
土地勘のない鈴木さんは磯から一番近い家へ飛び込み、事情を話して警察に場所を説明してくれるよう頼みました。

「25歳くらいの女性です。自殺ではないでしょうか」
興奮状態でしゃべる鈴木さんを前にしても家の主の老人は冷静でした。
「後は任せてあなたは立ち去りなさい。警察は事情を分かっておるよ」
「どうゆうことですか、何か知っているんですか!」
「あそこは潮の流れの関係で死体は上がらん、上がるとすれば反対側の岬じゃ」
鈴木さんの納得できないという顔を見た老人はため息をつき、声のトーンを下げて続けました。

「前に5歳くらいの女の子を連れた釣り人がここの磯に来てな。
ちょっと目を離した隙に女の子がいなくなっての。磯に落ちたんじゃろて。結局死体は上がらなんだ。あまりの悲しさに、釣り人も後を追って心中してな。かえって子供は成仏できずに波間を漂っているという話じゃ」
「僕が見たのは25歳くらいの女性ですよ。関係ないじゃないですか!」

「あれから20年経てば25歳やろ。かわいそうに今でも時々釣り糸につかまって引っ張り上げてもらおうとするんじゃよ」
鈴木さんはあの女性の恨めしそうな顔が忘れられないと言います。

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1018361409/

-ブログ主のお気に入り, 不可解な話
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

不可解な話

神社のプレハブ

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/09 23:38 これは私の少年期の体験です。 実話ですので、人名地名は一切省いて書かせていただきます。 小学校の時、よく神社で遊んでいた記憶 ...

不可解な話

最期の留守電

148 :こんなんでよかったら:2001/07/04(水) 02:57 たしか伊集院が話してたネタなんだけど まだ出てないと思うから、書いてみます。 既出だったらなじってくれ(笑) 数年前、友人Kの彼 ...

不可解な話

電車の幽霊?

558 :Λ:02/04/20 16:31 この10年前に起った出来事は不思議でなりません。 その当時、付き合っていた彼がとても霊感の強い人で、彼に付き合い始めてから、 不思議なことが何度も起りました ...

不可解な話

肩叩き降霊術

374 :ムササビりべんじ ◆TC5.ZMGs :02/04/11 21:49 一時期ウチの学校で流行った降霊術の一つなんですけど、 暗い部屋で椅子を丸く並べてみんなで内側を向いてやるゲームなんですけ ...

不可解な話

品種改良

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/11 04:01 豚って知ってるよね。太古より現代に至るまで豚の品種改良と言えば、 その有用な部位を増す事、つまりより胴体の長い品種改良が有史 ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER