不可解な話

しかたなかったのよ

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/03/18 04:52
大学時代の友人の話です。

大学に合格してアパートで一人暮らしすることになりました。
引越しを終えて深夜、部屋でテレビを見ながら一服していると、
壁越しからボソボソと声が聞こえたそうです。
テレビの音量を絞って耳を澄ましてみると…

「仕方なかったのよ…仕方なかったのよ…」

泣きしゃがれた女性の声で繰り返し聞こえてきます。
隣の部屋の女、電話で男と別れ話かなんかしてるんだな。
友人はさほど気に留めずにその日はそのまま眠りました。

次の日です。

深夜、雑誌を読みながら煙草を吸っていると、
隣の部屋からまた女のボソボソつぶやく声が聞こえてきます。

「仕方がなかったのよ…仕方がなかったのよ…」

初日は引越しで疲れていた事もあり、気にせずに居られたのですが、
二日続くと鬱陶しく感じ、文句でも言いに行ってやろうと思ったそうです。
しかし、引越しの挨拶もまだ行っていないのに、
いきなり怒鳴り込むのも大人気ないと考えた友人は、
翌日、大家に苦情を言いに行きました。
大家から返ってきた言葉は意外なものでした。

「隣の部屋は誰も住んでませんよ」

え?友人はそんな筈は無いと何度も聞いたのですが、
返ってくる答えは誰も住んでいないの一点張り。
あまりしつこく聞いて頭のおかしい奴だと思われるのも嫌なので、
友人は引き下がりました。

その日の深夜。
何故か女のボソボソ声は消え、
友人は俺の聞き間違えか何かだったのかな?
と近くのコンビニに夜食の買出しに出掛けようと廊下に出ました。
そのときフト、隣の部屋を見ると
昨日まで無かった盛り塩がドアの前に供えられているのです。

怖くなった友人はそのまま別の友人のアパートへ逃げ、
結局、その部屋へはほとんど戻ることが無くなり、
三ヶ月ほどで部屋を引き払って、
別の友人宅で居候生活をすることになりました。

結局、あの声の主は分からず仕舞いです。
一体、何が「仕方なかった」のでしょうか…?

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1016111756/

-不可解な話
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

不可解な話

地蔵の頭巾

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/28 23:28 Aさんは友人数人とともに夏の夜、危険を承知でそこへ行った。”危険”というのは辿り着くまでに急斜面を下りなければならないから。 ...

不可解な話

向かいの家の女性

783 :姉:2001/07/28(土) 02:39 最近ようやっと気がつきました。 向かいの家の2階、窓ごしに髪が長くて痩せた女がたまに見えます。 薄いカーテンで仕切られているので表情まではよく見え ...

不可解な話

N君のグローブ

452 :TK:2001/07/12(木) 09:07 僕の小学生時代の友達の話について書きます。 小学生の頃、よく一緒に野球をしていた友達でN君という男の子がいました。 N君はクラス一野球が大好きで ...

不可解な話

穴から救ってくれた男性

58 :話作ってみました :2000/09/22(金) 03:28 ある家族が登山を楽しんでいました。 その家族の中にひとりの少年がいたんですが、彼は好奇心旺盛で 家族とは離れて勝手に山道を進んでいき ...

不可解な話

キャンプ場に響く声

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/07/11(水) 00:45 おととしの夏、友人6人とキャンプに行った時なんですが、 けっこう山奥のキャンプ場でした。 花火などをして過ごし、、 ...

© 2024 オカルトペディア Powered by STINGER